股関節の痛みでお悩みの方へ

こんな股関節の痛みはありませんか?

✔腰痛になってから股関節も痛い

✔足の付け根の痛みが長引いている

✔痛み止めや湿布ではほとんど効果を感じない

あまり知られていませんが、股関節に痛みを伴う腰痛は意外に多いケースです。

ここでは股関節に痛みが出た代表的な4つの事例をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

右の股関節に違和感

【50代/男性/会社員】

(カルテでは左側に記載されていますが)右腰からお尻周りのしびれと股関節に違和感を感じる

この方は右の腰が痛くなってからお尻周りにも痛みが広がり、さらには股関節まわりまで痛みが出てきたケースです。

腰痛と股関節痛が一緒に起きている典型例と言えます。

左腰の痛みと股関節の痛み

【50代/女性/会社員】

もともと腰痛はあるが今はお尻周りと股関節の痛みが強く座っていることができない

この方の場合は、左腰に大きく痛みが出てから股関節にまで痛みが広がったケースです。

股関節だけが痛い状態でないのが分かると思います。

左腰の痛みと足の付け根の痛み

【20代/女性/会社員】

左の腰に痛みがあり、脚のつけ根や前側にまで痛みを感じることがある

この方も左腰→股関節まわり(足の付け根、太もも前)に痛みが出てきています。

上記の方とほとんど一緒だというのが分かると思います。

半年以上続く足の付け根の痛み

【30代/女性/会社員】

半年前から左の腰や股関節付近に痛みがある

腰の痛みと足の付け根と痛み。ここまで見てきた方はどのカルテも同じような感じですよね。

この方も足の付け根全体に痛みが広がっているタイプです。

股関節の痛みの原因は?

ここまで分かりやすい4つのケースをご紹介してきましたが、これらすべての事例で共通したポイントがあるのですがお分かりですか?

それは「腰痛をきっかけに股関節が痛くなっている」ことです。

実はこれらの股関節痛は、腰の負担が股関節にまで広がった結果出ているのです。

腰が痛くなる

腰をかばった動きをする

結果として股関節への負担が増す

痛みが出る!

股関節だけが痛くなるケースはあまり多くありません。

他の部分の負担が結果として一番動く関節に出ているケースが圧倒的です。

つまり股関節の痛みを解消するには、股関節だけでなく腰やお尻まわりの動きも良くすることで改善できます。

多くのケースで似たようなカルテになります

当店では上記のような股関節に痛みがある腰痛症状の方が数多く来店されます。

ここでは分かりやすいカルテをご紹介しましたが、股関節に痛みがある方のカルテはほとんどが同じような印が付きます。

それだけ痛み方に特徴があるということです。

また、ここでご紹介したケースでいうと、症状歴や個人差はありますがおおむね3~5回程度の施術で改善が期待できる症状です。

同じような症状でお悩みの方はお気軽にご相談ください。